補聴パネル-使い方

補聴パネルの取り付け方を解説いたします。

1、このような状態で届きます。

SONY DSC
ご注文いただいた枚数などにより変わってきますが、
このような状態でお届けいたします。

2、補聴パネルを設置する場所を決めます。

SONY DSC
補聴パネルを設置するお部屋で、いすに座るのか、ソファーに座るのか、地べたに座るのかによって、
補聴パネルを設置する高さが変わってきます。
また、お部屋の音の流れる空間により、設置場所を決めてください。
(例:TVの正面に壁がある場合、そこがおすすめです)
実際に、お部屋で過ごすときの「耳の高さ」を意識して、
パネルを設置する高さなどを決め、マスキングテープなどで位置を記しておきます。

3、補聴パネルに金具を取り付けます。

SONY DSC
SONY DSC
こちらの金具は、補聴パネルといっしょにお届けいたします。

4、壁に、補聴パネルをひっかけるためのクギを打ちます。

SONY DSC
「2」の工程で決めた個所に、クギを打ち込みます。

5、壁に取り付けたクギに、補聴パネルの金具をひっかけて取り付け完了!

SONY DSC

SONY DSC


「お部屋のどこに取り付けたら効果が出るかわからない」
「とりつけかたがわからない」
など、ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。

【電話】
【MAIL】でのお問い合わせはこちらから

ページ上部へ戻る